☆ キモチ の もんだい ★

長男(10)食物アレルギー、不注意優位のADHD傾向 次男(6)滲出性中耳炎、花粉ダニ免疫療法中 クルミアレルギー 三男(2)絶賛イヤイヤ期中

学校での「マスク熱中症」を防ぎたい。大切にしたいことは…

こんにちは。
三兄弟のハハです( ̄▽ ̄)ゞ

さてさて、わたしが住む地域では、来週から分散登校が始まります。

親として、学校職員として、楽しみ・うれしい気持ちもありつつ、やはり心配な気持ちも拭えません。

しかし始まると決まったからには、子どもたちが安全に安心して学校へ来られるように準備万端で臨みたいです。


感染症予防の観点から、基本的に常時マスク着用となりますが、私が心配しているのは熱中症です。

例年、ゴールデンウィーク明けから少しずつ気温があがり、暑さに慣れていない子や体調不良の子などが熱中症にかかることがちょくちょくあります。

今年は長引く休校の影響から運動不足の子が多いと予想されます。
暑熱順化(暑さに少しずつ慣れること) も不十分と思われます。
そこにマスクの着用。
f:id:kmikmi:20200516122519j:plain
↑学校から配られたマスク。

熱中症の危険性爆上がりです。


感染症予防のためにがんばった自宅待機やマスクの着用が原因で熱中症になってしまったら、もとも子もありません(>_<)


そこで、家庭で気を付けることと、学校で気を付けるべきことを考えてみたいと思います🎵

【家庭】
☆帽子と水筒とタオルを持たせる。
→基本。水筒の中身はお茶のみなのかスポドリオッケーなのかは地域や学校でバラツキがあるようです。

☆汗をかく練習をする。
→大事❗️湯船につかるようにしたり、軽い運動を意識的に取り入れたり、エアコンの設定温度を高めにするなどの方法があるようです。じんわり汗をかくことをやっていくといいかもです✨

☆生活リズムを整える。
→寝不足と朝食抜きは絶対NG🙅熱中症の危険因子です(T-T)



【学校】
☆細やかな健康観察の徹底
→ところが進級したてで休校に入り、先生たちも子どもたちのことをまだ充分につかんでいない可能性があります。「あれ、この子いつもと違う❗️」というセンサーが働きにくくなっています。
登校前の子どもの様子で気になることがあったら(熱はないけどちょっとだるそう、疲れている感じがする、など)連絡帳などで伝えるといいかも…

☆こまめな水分補給
→絶対です。休み時間だけでなく授業中でも、意識的に水分補給をすると良いと思います。

☆体育や外遊び、登下校のマスク着用はどうするか考える
→これは地域の教育委員会や学校の校長の裁量による違いがある程度ありそうです。文科省ガイドラインも解釈のしようがいろいろあるようで…。地域性もあるかと思いますが、各家庭でも考え方は様々なので今後色々な意見の相違やトラブルがあるのではないかと心配しています。



【一番大切なこと】
家庭でも学校でも一番大切なことはこれだと思います。


子どもが、「ちょっと調子が悪い…」と言える環境と文化を作ること。




・毎朝起きたらからだの調子を聞いてあげて、言いやすい環境を作る。

・学校でも毎朝丁寧に体調を聞く。言葉にならないことも観察してつかむ。

・「体調が悪い」「少し休憩したい」と言えることを大切にする。

・学級全体の雰囲気作り。

・困った時は大人に相談する、を繰り返し伝えていく。



送り出す保護者も、迎え入れる学校も、初めての対応です。

どうなるかは分かりませんが、どちらにしろ始まるのなら前向きに捉えたいなと思います。




長男の自宅学習が限界…
プリントやっても間違いが多くて直しが多いので本人も嫌になっちゃって毎日暴れて泣いています( ;∀;)

学習面で能力的にかなりしんどくなってきた。

勉強はともかく、家ではなるべく穏やかに過ごしてほしいです(>_<)


学校の再開が子どもたちにとって良い方向に進みますように…

子どもたちの健康が脅かされませんように…


最後まで読んで頂きありがとうございました✨

長男の診断と夫の鬱?

こんにちはー。
お久しぶりです(о´∀`о)
三兄弟のハハです✨

しばらくブログを書かないうちに、世の中が目まぐるしく変化していき、前回のブログを書いていたころに生きていた世界に戻るのはもはや無理、というところまで来てしまいましたね(>_<)

100日ほど経ちましたが、その間に色々ありました。


①長男の診断結果
実は、長男の発達の特性について検査を受けました。
結果は
「不注意が優位なADHD傾向」
とのことでした。
あくまで「傾向」なので、別に今までと変わらず、でも少し配慮しながらやれるとこまでやるっていう感じです。

この結果はまあ予測していたので、これからも長男の困り感を共有して一緒に考えていけたらなと思っています☆


大変だったのはこちら…
②夫が休校のストレスから抑うつ状態?
全国に非常事態宣言が出され、私たちの住む地域も軒並み休校になりました。
今まで仕事に生活を捧げてきた夫はものすごいショック?というか…燃え尽きたような感じになってしまいました…。
土日も一日中stayホームな暮らしの中で、寝室にこもって寝てばかり。
次第にイライラを募らせるようになりました。
夫と長男の相性は以前からあまり良くなく、長男が理不尽に叱られることもあったのですが、今回それが爆発しました。

私と夫が大喧嘩になり、別居に至りました。


数日前に和解し、別居も解消しています。


今やっと学校再開に向けての目処がたち(良いか悪いかは置いておいて)、夫も私も忙しく仕事をするなかで、少しずつわだかまりも解消していっています。


本当に一時は離婚するかどうかまでいきましたが、取りあえずは良かった…のかな?です(о´∀`о)

夫は普段は絶対に鬱にならなさそうなリア充なのですが、こんな状態になるんだ、と驚きました。

子どもたちや保護者さんのメンタルケアに目が向きがちですが、意外と教職員も気をつけて見ていかないといけないなと気づかされました。

私はふだんから休日はstayホームなので影響なく、むしろ遊びに連れていけない罪悪感もなく快適に過ごしました✨


あと、めちゃくちゃ重宝してた非接触の体温計が壊れたり…凹む(・ω・)
f:id:kmikmi:20200514160310j:plain

今回は短めでここまで。
読んで頂きありがとうございました☆

タマシイ抜けてました。

こんにちは。
小学校3年生、年長、2歳の男の子三兄弟の母です。

久しぶりの更新です。

タイトル通り、タマシイが抜けていて。

年末年始、例年通りストレスがたまりました。
だいたい去年と同じようなことがあったよ、ということで、去年の記事貼って割愛。
kmikmi.hatenablog.com


例年通り大好きな家系ラーメンも食べました✨
f:id:kmikmi:20200131004330j:plain
年あけたらなんだかんだで体調が悪く、メンタルの調子も悪く。


夫とは今では思い出せないようなくっだらないことでケンカをし、二週間ほど家庭内別居。

ストレスが爆発した私は夫に
「これ以上私の人生のストレッサーになるなら別居して。」
と無表情&抑揚のない声でいい放ち、なぜか関係修復。この時のやり取り、実は覚えていないのですが、きっと夫が上手いこと言って私の気持ちをおさめてくれたのでしょう。

三学期が始まってしばらくすると、長男の学童の先生からお呼びだし。
「大人の目から見ていると長男くんがいじめられているように見えます。長男くんに聞いてみて下さい。」
とのこと。

長男に聞いてみると、
「プロレスごっこのことだと思う。俺一人対五人とかで戦って、やめてって言ってもやめてくれないことがあるから、それはイヤかな。」
五人の中には五年生や六年生もいて、力では敵わないらしい。

でも長男はその五人のことが好きで、学童も行きたい。学校より断然好きだそうで…。

学童辞めてもいいよって言っても辞めたくないと言うし…。
辞めたところで解決にはならないかな?

はっきり自分の気持ちを言う練習を一緒にして、今は様子を見ています。


次男の保育園の先生からもお呼びだし。
「今日、お友達に、雨で濡れている滑り台を滑るように言われて、次男くんはイヤだと言ったのですが、無理やり滑らされてズボンがビシャビシャになってしまいました。」
とのこと。

次男くん、キミもか。

話を聴くと、
「他にも、お友達(同じ子)が朝の準備をしている間、ずっと踊っていろと言われるから踊っている。」
とか意味不明。

イヤやって言わないの?と聞くと、
「イヤって言っても無駄やから。言うこときいとくのが一番自分にダメージ少ない。」

って、えぇ~(;´_ゝ`)

このお友達、家が近いこともあり、小学校に入学したら一緒に帰ってくるお友達です。

先日偶然お母さんに会ったので、小学校に入ったらまた下校とか一緒に仲良くしてくださいって挨拶したら
「こちらこそ。でもうちの子気が強いからいじめちゃうかもだけどごめんね~。」

…親子ともになめられとるやないかい。

まぁ、女の子なのでそのうち次男からは離れていくとは思います。
こちらも様子を見ています。


仕事でもヘビーなことが何件かあり、子どもたちがツラい気持ちを話してくれてもなかなかすっきり解決まで持っていけず、無力さに泣きたくなります。


眠れなくなって。

地球のみなさん、地球上の貴重な酸素を消費してすみません、二酸化炭素を出してすみません、的な気持ちになっていました。謎。


そんな時、次男が軽い胃腸風邪にかかりました。

病児保育も空きがなく、半日仕事を休んで家で次男と過ごしました。

そのおかげでかなり気持ちがリセットされ、浮上してきました。

うん、休むの大事。
本当に、再認識しました。
kmikmi.hatenablog.com



まだ不眠は続いていますが、眠れなくても気にせずなんとかなるさ~で明日も適当に過ごします。

最後まで読んで頂きありがとうございました✨

経口免疫療法が行きづまったら(乳アレルギー)

こんにちは。
3年生、年長、2歳の男の子三兄弟の母です。

今回は久しぶりに長男の食物アレルギーについてです。

なぜ久しぶりになったかというと、自宅での経口免疫療法をずっと順調に続けてこられたため書くことがなかったのでした。

現在、17.0ml/日まできています。

0.1ml/日から始めて行きつ戻りつしてた日々から考えると、すごい進歩です。

ここまで飲めていると、食パンならたいていの銘柄は食べられるようになりました(自宅でのみ、卵が含まれないもののみ)。

しかし17.0ml/日に達したあたりから
「口がかゆい」「ピリピリする」という訴えが頻繁になり、本人のモチベーションが下がっていました。じんましんや呼吸器症状はなし。

そこで外来受診で主治医に相談したところ…

◯強い訴えはあるが目に見えて症状が出ているわけではないので、16.0ml/日に一旦落として維持する。それでもかゆいといえばかゆみが出ないところまで少しずつ減らして、そこで維持する。

◯ヨーグルトが好きならヨーグルトでやっても良い。


とのことだったので、豆乳ヨーグルト大好きな長男はヨーグルトで挑戦していくことにしました✨

栄養士さんとの面談で、牛乳とほぼ同じ量の乳たんぱくを含む銘柄を教えてもらいました。
f:id:kmikmi:20191222235539j:plain
同じようにみえるヨーグルトも、乳たんぱくの量を比べてみると全然違う…

長男がヨーグルトならちょっとは食べられる❗️と思って乳たんぱく量の多いヨーグルトを食べてしまうことのないよう、注意しなければ(>_<)

帰り道にヨーグルトを買い、家で食べてみましたが、無事17.0mgを無症状でクリア。

良かった。

アレルゲンを食べて減感作していく経口免疫療法では、本人のモチベーションがとても大切です。
食べるからには症状が出てしまうリスクも当然あるわけで、症状が一度出てしまうとそれによってモチベーションダウンしてしまうこともよくある話。

今回のように摂取する物や方法を変えてやっていくことは大事だなと改めて思いました。

もちろん主治医さん栄養士さんとよく相談の上でですね。

f:id:kmikmi:20191221111049j:plain

外来のホールはもうすっかりクリスマス仕様。この病院のデコレーションはちょっとシックめで好きです。写真のとりかたが下手で伝わらないのが残念です。

この病院は、県内唯一の小児医療専門施設として先進的な医療を受け持つ施設です。外来予約は2ヶ月待ち。県内外から多くの子どもたちがやってきます。そういう私たちも県外勢です。

小児内科系、小児外科系、心療系など、どの分野も専門の医師や職員がいます。PICU16床や手術室を有する救急棟にはヘリポートも。

当然長期入院の子どもも多く、特別支援学校が隣接して内廊下で繋がっています。

たまに外来受診と日帰り入院をするだけの私たちでも、慢性疾患をかかえる多くの子どもたちと保護者を目にします。

すると思い出すのは私の子どものころ。

実は妹が幼稚園のころ、大きな病気にかかり、長期入院していました。
様々な奇跡(本当に奇跡的だったんです…)が重なり、今では後遺症もなく元気に暮らしています。

そのころ私は小学校一年生。
入学してすぐの頃でした。

私にも母が必要な時期でしたが、母はそれどころしゃないって状況でした。
妹は集中治療室に入り生きるか死ぬかの状態でしたから。

そんなてんやわんやの状況の中、小学校での初めてのプールの時期がやってきました。

私は泳ぐことが大好きで得意だったのでウキウキ。
父が水着や帽子に名前を書いてくれて、「もっとかわいい字で書いてよ~」なんて思いながらもとてもうれしかったことを覚えています。

いよいよプール。
水に入って楽しく泳ぎました。
プールから上がると、名前が消えていました。

父は水性ペンで名前を書いたのです。

他の子にバレないように一生懸命隠しました。
隠しながら着替えました。

家に帰って父に怒りをぶつけると、父はシュンとして「ごめんな」と言いました。

何十年も前のことなのに、今でも名前が消えたことに気づいた時の気持ちや父のシュンとした顔が鮮明に記憶にこびりついています。


自分が子どもをもって母と父の気持ちが本当に分かるようになってからも今までずっとなんとなく心の底にモヤモヤとあった思い出が、やっと少しずつ昇華してきたことを感じました。

感じたことを文字にすることで、よりスッキリしました。


タイトルと関係ないことを長々と書いてしまいました…

最後まで読んで頂きありがとうございました✨

胃カメラ結果☆鳥肌が~涙

こんにちは。
3年生、年長、2歳の男の子三兄弟の母です。

先日初めての胃カメラを乗り越えた私です。
kmikmi.hatenablog.com


今回はその結果について記事にしたいと思います。

実は思いがけない結果が出て落ち込んでいました。

物心ついたころから体調はいつも不調で、心も体も絶好調な日なんて今まで一日もありませんでした。しかし検査をすると異常なしで一応健康体、気持ちの問題での体調不良と言われ続けてきました。

なので今回も、胃のムカつきや胃痛、胸焼けはあっても、軽い胃炎でしょう、と言われると確信していました。

診断結果は…

①バレット食道(SSBE)
度重なる食道への胃酸逆流(逆流性食道炎)により、酸に弱い食道の組織が、酸に強い胃粘膜の組織に置き換わった状態のこと。胃から食道に3cm 以上のバレット食道をLSBE 、3cm に満たないものを SSBE といい、内視鏡検査では10~20%の方にバレット食道が観察され、LSBE、SSBEの頻度はそれぞれ、0.4%、17.9%です。LSBEの方で発癌リスクが高くなります。
→こちらはそんなに気にしなくても良いとのことでした。


慢性胃炎(萎縮性変化)
こちらはもともと人間ドックのバリウム検査で指摘されていたので予想通り。
萎縮性胃炎とは、胃の粘膜に長期間にわたって炎症が生じることで、粘膜が壊されたり修復したりすることが繰り返され、しだいに胃の粘膜が薄くなった状態のことをいいます。特にピロリ菌によって起こったものが多く、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんなどの病気を起こす可能性が高くなるとされています。
萎縮性胃炎の広がりが、少ない方からc-1→c-2→c-3→o-1→o-2→o-3と表されるのですが、私の場合はc-3で、まあまあ広がっているとのことでした。


慢性胃炎(鳥肌様変化)
f:id:kmikmi:20191215135153j:plain
呼んだ?

こちらが予想外でした。
胃の炎症のひとつです。鳥肌のように見えることからこの病名がついています。ピロリ菌感染とのつながりが指摘されており、胃がんの中でも進行の早いスキルス胃がんという悪性度が高い胃ガンにもかかわっているとされているなど、胃がんリスクが高い炎症です。
ピロリ菌感染を伴った鳥肌胃炎の若年者の胃がん発見率は、4.4%であり、この発見率は、ピロリ菌感染を伴っているが鳥肌胃炎でない(=非鳥肌胃炎)若年者と比べると、60倍以上という極めて高倍率です。

→これ笑える名前してるけど怖いですね((( ;゚Д゚)))青い色素を散布して分かりやすくした画像を見せてもらったんですけど、本当にブツブツしてて鳥肌みたいでした。不気味でした。鳥肌がたちましたよ、鳥肌胃炎だけに…笑



最終的に先生は、ピロリ菌はいる❗️という診断でした。今血液検査の結果待ちです。

とにかく胃ガンリスクが高い胃。
まずはピロリ菌の除菌をして、定期的に胃カメラで検査をしていくことになりました。

始めに、二週間強めの胃薬(胃酸の分泌を抑える薬)を毎日飲んで、そのあと除菌の薬を飲むそうです。

私の家族も何人か除菌してるんですけど、あとあと聞いたらみんな胃カメラしたその日に除菌の薬をもらって飲み始めたらしいのですよ。
なんで私だけ二週間の胃薬期間?
同じ病院なんですけどね。

調べてみたけど上手くヒットしなかったので、もし知っている方がいたら教えて下さい。


鳥肌胃炎については調べれば調べるほど不安になっています。見つかっていないだけで、今まさにスキルス胃ガンが拡がってるんじゃないの?とか、この状態でピロリ菌を除菌できなかったらどうなるの?とか…。

正直ショックでしたが、調べて良かったと思いました。

それから反省点も。
ずーっと胃の症状はあったのです。特に夜は常にムカムカと胸焼け。
でも、パニック障害の予期不安だと思い込んでいました。
メンタルの状態が身体症状に現れやすい人は、胃腸の調子が悪いのはあるあるだと思うのですが、あまり長く続く場合は検査をオススメします。


最後まで読んで頂きありがとうございました✨

胃カメラ初体験。生還しました。

こんにちは。
小学校3年生、年長、2歳の男の子三兄弟の母です。

先日、人生初の胃カメラをしてきました~。
なかなか色々あったので時系列にまとめてみたいと思います。


2か月前、人間ドックの結果を持って近所の消化器内科を受診しました。
バリウム検査で胃全体の萎縮性変化があると診断されたこと、胃のムカつき、胸焼けがあることを伝えました。

胃カメラでの結果を勧められたので予約しました。

この病院では、
①口からか鼻からか
②鎮静剤を使うか使わないか

を選びます。
基本的には口から、鎮静剤を使わないがデフォルトらしいですが、私の場合はパニック障害があることをアピールし、最も苦痛を感じにくいとされる、鼻から、鎮静剤ありを選択しました。

とはいえ、土曜日を希望したためなかなか予約がとれず…。
自覚症状があることから、胃薬を処方され、それを飲みつつ検査の日を待ちました。

そしてついに検査の日がやってきました。

病院で受付を済ませると、検査前の処置がありました。
胃の中の泡を消す薬→まずい液体。さっそくナーバスに。
鼻の粘膜の腫れをしずめる薬→普通の点鼻薬のようなもので、とくに苦痛はなし。
鼻の奥の麻酔→鼻の奥まで金属の棒を入れて霧状の麻酔をシュー。喉に流れてきて苦かった。

その後いよいよ点滴で鎮静剤を投与です。
f:id:kmikmi:20191215002140j:plain
どんなかんじかな~ドキドキ。

なんか…手に力が入らなくなってきたけど、それ以外は特に変化なし。

点滴はじめてから30分後。
全然効いてこない。何で?ヤバイ。どうしよう。
あー、なんか気持ち悪い。ドキドキする。めまいしてきた。過呼吸で苦しい。

助けて(/≧◇≦\)

もうやめたい❗️帰りたい❗️

静かにハーハーしてたら看護師さん登場。
私の指についてるパルスオキシメータ(血中酸素濃度と脈拍をはかれる)を見て、

「あれ?緊張してます?ゆっくり息してくださいね~」

脈拍、180回/分。

私なぜか数字をみると落ち着くことがあって、今回も自分の脈拍を数字で見たら落ち着きました。不思議だ。

看護師さんが大丈夫ですか?と聞くのでついつい
「大丈夫です(о´∀`о)」
と答えてしまう…。大丈夫じゃないよぅ。

看護師さんがまたいなくなってしまいました。
すると、カーテンの向こうから看護師さんと医師の話し声が聞こえてきました。

医師「この患者さん(私のこと)、検査で腫瘍か潰瘍が見つかったらほぼほぼガンだから組織とるから準備しといて。その時は口からに切り替えますって確認しといて~。」
看護師「分かりました~。」

カーテンシャッ
看護師「◯◯さ~ん(私のこと)、もし鼻からカメラ入らなかったら口からに切り替えるので、ご了承くださいね(^◇^)」
私「はーい、大丈夫です(^◇^)」

…いや~っ(>_<) 大丈夫じゃないよぅ。

怖い…

そしていよいよ検査開始です。

検査はね、上手くできました✨

ちょっと違和感あったけど、すぐにコツをつかんで乗り切ることができました。

先生が褒め上手で
「お、いい感じですよ~。あ、この部分をこんだけ上手く乗り越えられたらもう大丈夫ですよ~。わ、本当に初めてですか?上手いですよ~。見やすいですよ~。」と。

ちょっとうれしい。

スムーズに終わりました。

先生が、
「上手にできるから、こんなの(鎮静剤)使う意味ないね。これあんまり効かないやつだし、次からやめれば?」

…え、効かないの?なんじゃそりゃ。


そしてその後、検査結果と今後の治療方針について話がありました。

長くなるので今回はここまで( ̄▽ ̄)ゞ

検査そのものよりも、鎮静剤や医師と看護師の会話の内容がきつかった、というあまりない?経験をしました。


最後まで読んで頂きありがとうございました✨

ブログ開始から一年経過♪でも私は低空飛行中。

こんにちは。
3年生、年長、2歳の男の子三兄弟の母です。

なんと。
このブログを始めて一年が経過しました~✴️
f:id:kmikmi:20191210091707j:plain

継続が苦手な私にとっては快挙です(^◇^)
うれしい(о´∀`о)

しかし私の日常生活はイマイチ…上手く回りません。

やっぱり、冬はだめ。うん。
寒いのは平気なのですが、冬になるとどうもメンタルが落ち込みます。

パニック障害も、発作まではいかないけれどなんとなく吐き気、めまい、動悸、不安感はよくあります。

それに加えてこれから年始まではイベント続き。
私はイベントごとが苦手です。
クリスマスも年賀状も大晦日もお正月も、なにもしたくないのが本音です。

日常の生活リズムを崩すのが苦痛なのです。

やれば楽しいんです。でもその後の疲労感が大きすぎる…。

でも子どもがいるとイベントを避けてばかりはいられません…。

自分の体調と相談しつつ、無理のない範囲で楽しもうと思います✨


本当に、イライラしているとろくなことがないですよね…。

今朝なんて三男の準備が遅くてイライラ、カッカして薄着のまま家を出て、職場に着く頃落ちついてきたらめっちゃ寒いっていう…

自分のアホさに落ち込むっていう…


風邪や胃腸風邪、インフルエンザが猛威をふるっています。
皆さまご自愛ください。

グチグチすみませんでした( ;∀;)

ちょっとスッキリ☆

最後まで読んで頂きありがとうございました✨