☆ キモチ の もんだい ★

長男(9)食物アレルギー、HSC? 次男(6)滲出性中耳炎、花粉ダニ免疫療法中 クルミアレルギー 三男(2)絶賛イヤイヤ期中

6歳にして発覚したクルミアレルギーに凹む。

こんにちは。
小学校3年生、年長、2歳の男の子三兄弟の母です。


うちの長男は卵と乳成分のアレルギーで、アナフィラキシーの既往がありエピペンを携行しています。
学校の給食は除去対応してもらい、給食当番や掃除にいたるまで、様々な場面で配慮してもらっています。

対して次男は、ハウスダストや花粉、イヌにアレルギーはありますが、食べ物に関しては全く症状がなく、今までずっと何の配慮もなしに過ごしてきました。


ところが先日、私と次男で出かけた時に、ちょっと二人でおいしいものを食べたのですが、そこで思いがけない症状が出てしまったのです。



摂取してすぐに喉がイガイガする、かゆいという症状が出ました。
その後咳が出始めました。

しかし息苦しさはなく、落ち着いていたため様子を見ました。


その後しばらくすると口の周りと眼の周りにじんましん。
みるみるうちに全身に広がりました。


次男本人はというと、かゆがるものの、アイスノンで冷やしながら本を読んで落ち着いているので、病院どうしようかなと思いながらも日曜日だったため様子をみました。


結局摂取してから四時間後には全ての症状がおさまっていました。


摂取したものの成分を調べてみると、あやしいのはクルミのみ。
f:id:kmikmi:20191201173743j:plain


月曜日には保育園に状況を説明し、給食にクルミは出ないことを確認。
小児科を受診して採血。
入学する小学校に連絡して生活管理指導票(学校での対応の根拠になる、医師の意見を書く書類)をもらいました。

その後血液検査の結果を聞きに&生活管理指導票を書いてもらいに小児科を受診しました。

結果は陽性。
ですが数値としてはそれほど高くなく、先日の強めの症状は摂取した量が多かったのではないかと言われました。
(食物アレルギーの場合、血液検査の数値と症状の強さは比例しないことも多いので、血液検査は参考程度ですかね。)

摂取することで減感作(症状が出にくくなること)することはあまりないそうなので、このまま除去を続けることになりそうです。

ついでにスギも調べたのですがこちらはクラス5(数値が小さい順からクラス0→6まであります)。

スギの舌下免疫療法は根気よく続けていかなきゃです(>_<)

kmikmi.hatenablog.com


さいころから長男ばかりに手がかかり、どちらかというと体も強く、特に苦手なこともなく(運動は苦手だけど)、育てやすいとおもってきた次男。

次男が何か問題を起こしたり、病気になったり、症状が出たりするとめちゃめちゃうろたえてしまう私…。

kmikmi.hatenablog.com




次男は次男って分かっていても、ついつい次男を頼ってしまったり、「あんたは大丈夫やね(^^)」と思ってしまいがちな自分に気がつきました。


小学校の給食でもクルミは出ないそうなので、学校では問題なく過ごせそうですが、表示義務がないため、外食やお惣菜には気をつけなきゃですね。


パンや洋菓子も大好きですが、気を付けなきゃ…


最後まで読んで頂きありがとうございました✨